幼児教育からやり直したい一人暮らしの大学生

教育学部の幼児教育を研究している大学生。全部自腹で一人暮らし中・・・

勉強が伸びる子と伸びない子

 

教えててできる子とできない子の差って、素直か否かくらい。何で宿題やってこなかったの?って聞いて、だらだら言い訳する子は伸びない。そして、そのまま育ったら、ぜんぶに言い訳する人間になるんだろうな。忙しいからできない、めんどくさいからやらないとか、そんな感情おし殺せばいいのに。


できない子にやる気を出させるのも確かに教育の醍醐味なんだろうけど、忍耐力と継続力がある子を伸ばしてあげることの方が数倍楽しい。

このまえ自分の価値観を押しつける教師が嫌いで、大学で理想の教師像を探してるっていう学生がいたけど、万人にあてはまる理想なんてないし、その子はそのまま自分が求める理想の教師になれたとしても、結局その理想自体が自分の価値観だから、その子も価値観を押し付ける先生に自然となってるよ

 

まぁ先生にならないけど、自分が先生だったら、決して裕福な暮らしじゃなくても自分で食いつないで生きていくための考える力の土台を身につけさせてあげたい。

理想の教師見つけるにしても、大学の座学だけならたぶん無理。座学で理想見つけたとしてもそれはキレイな言葉を並べたファンタジーな世界の先生になりそう。現場にいったら一気にズドーンってなりそう。