幼児教育からやり直したい一人暮らしの大学生

教育学部の幼児教育を研究している大学生。全部自腹で一人暮らし中・・・

【大学生の部屋選び】大学生は不動産やからカモだと思われている!?

 

f:id:showsakamoto2:20170616124125j:plain

1人暮らしを始めようと考えている大学生、もしくは高校生のみなさん。

部屋選びは気を付けてください。

 

なぜなら、不動産会社はあなたたちのことをカモだと思っています。

 

特に地方から都会に上京してくる方、注意です。

 

今回は不動産で部屋選びする際の注意点と、カモにならないための対策をお話しします。

 

・不動産会社が学生をカモだと思っている!

これは実際に知人の不動産会社さんから聞いたお話。

 

不動産屋のカモは

・学生

・若い女性

の2種類です。

 

女性は基本的に弱く見られがちです。

そのため、部屋を決めかねていると、特に男性の不動産屋の方は、とてもはやく決定するようにすすめてきます。

 

ひどいときには、人が変わったように、押してくることもあります。

そのため、しっかりと断る部分は断ることが必要です。

 

・不動産会社から学生がカモだと思われる理由

 

そして、問題は学生。特に地方から上京してくる学生。

 

地方から上京してくる学生がカモとして扱われる理由としては、

・受験の合格が決まってから時間がない

・頻繁に地元と東京を行き来できないため、いったん東京に出向いたらそこで決めてしまうことが多い

ということ。

 

つまり、不動産会社もプロです。

 

だから大学受験で合格が決まった学生が、部屋探しに困っていることはわかっております。

 

そこで、

・なるべく早く部屋を決めさせてしまおう

・ちょっと高めの部屋を案内しよう

ということを考えるのです。

 

そのため、地方からやってくる学生は特に注意が必要です。

特に女の子の場合は、不動産屋さんも容赦がありません。

 

なぜなら、不動産屋さんも部屋を契約させてなんぼの商売なので・・・

 

なので、しっかりと不動産会社対策をして部屋選びにのぞまなければなりません。

 

・不動産会社のカモにならない対策

ぼくが部屋選びを通して、不動産会社のカモにならないために実践した対策を紹介します。

 

効果抜群なので、やってみてください。

 

①親を連れていく(気の強い友人や兄弟でもOK)

 

まずは、ひとりではなく、だれか付き添いをつけることです。

そうすることで、不動産会社も対応が変わります。

 

特に女性の場合は、家族であったり、気の強い男の友人であったりを誘うことが大切だと思います。

 

ひとりとふたりでは、ぜんぜんちがいます。

 

そのため、あらかじめしっかりと家族や友人と予定を合わせるようにしましょう!

 

②アプリで下調べをしておく

これとっても大切です。

 

今は十分アプリでよい物件があります。

私も今引っ越した物件はアプリでみつけて、実際に部屋をみて即決めという感じでした。

 

そのため、実際に東京に来る前にアプリで下調べをしておきましょう。

とくにHome'sのアプリはとってもつかいやすいです。

 

ちなみに私は不動産関連のアプリをすべてダウンロードして、試しましたが、一番Home'sが使いやすかったです。

 

条件設定なども豊富で、自分にあったお部屋を効率よく見つけられます。

 

自分の通う大学の住所などから逆算して、2~3の地域では複数の気になる物件を見つけておくと良いと思います。

 

③東京には少なくとも2~3泊をすること

 

東京に頻繁に行き来できない場合は、最低でも2~3泊する予定を立てたほうがよいです。

1日に回れる物件の数は限られています。

不動産会社は1日のうちに何件もまわり、かつ、3月ごろは一番込みやすい時期なので、なかなか予定をあわせることはむずかしいのです。

 

そのため、上京する日程も早めにきめて、それに合わせて不動産屋さんに案内してもらえるように日程調整をあらかじめ決めておくことも大切ですね!

 

④部屋の下見当日は、不動産会社の人に、まだ見たい物件があることを伝えておく

不動産会社は迷った表情をみせたらどんどんすすめてきます。

 

でも負けないでください。

 

しっかりと、「まだ見たい物件があるので」と伝えましょう。

 

そうすると「この部屋の下見、明日別のお客さんがきます」などと焦らせてきます。

※部屋選びは、早い者勝ち。

これは不動産会社のウソである可能性も大いにあります。

 

そのため、上のような返しがきたら「もしそうなったら、ご縁がなかったということで」と伝えましょう。

 

部屋選びは大事です。

焦らされたから、もういいやといってテキトーにきめないでください。

 

しっかりと「断る」ことも大切です。

 

さいごに

 

2~3月ごろは不動産会社がもっとも忙しい繁忙期でもあります。

そのため、部屋選び競争が激しくなるのたしかです。

 

部屋選びは、運もあります

ぼくが一番大事にしたのは、「直感」です。

これけっこう大事。

 

ぼくは直感でここだと感じた部屋に現在住んでいますが、やっぱり後悔はありません。出ていきたくないくらいです(笑)

 

また部屋選びの際には、下の記事を必ず読んでください!

college-edu.hatenablog.com

 

よかったらtwitterもフォローしてください!